プロフィール
倉石一樹 - KAZUKI KURAISHI -
流行と定番を生み出す俊英デザイナー
1975年、東京生まれ。adidasクリエイティブ・プロダクトマネージャー。日本のファッション・シーンにおける最重要デザイナー。シンプルながらも存在感のあデザインによって唯一無二のプロダクトを生み出す。
現在はadidasのドイツ本社で企画されるグローバル・プロダクトのデザインやプロモーションを日本で展開するかたわら、fragment design名義、およびフリーデザイナーとしてミュージシャンのアルバムジャケットやアパレルブランドのグラフィックなど、彼の職業を聞かれても誰も明確に答える事が出来ないほど、幅広いジャンルで活躍中。
過去に自身が携わったadidasのプロダクトは、SUPER APE STARやSUPER STAR 35(NEIGHBORHOOD、キャプテン翼、岡本太郎モデル)、トミー・ゲレロのSUPER SKATE、aZX(NEIGHBORHOODモデル)など。なかでも倉石がadidasに入るきっかけとなったA BATHING APEとのコラボレーションモデルSUPER APE STARは、世界中の名立たるファッション関係者に強烈なインパクトを与えた。そして、この伝説的なプロダクトの誕生は、近年のヨーロッパやアメリカ、アジアを中心としたジャパニーズブランド・ブームのきっかけといっても過言ではない。adidas以外でもLevis? FenomやNEIGHBORHOOD、visvim、RESONATE SL、iDiom、whizといった人気アパレルブランドのデザインやグラフィック、コラボレーション企画、などを手がけている。倉石の手掛けたプロダクトのほとんどは完売状態で、ブランドを問わずに購入するファンも多い。その最大の理由は時代性を超えたベーシック・デザインと着心地にこだわったシルエットと素材使いに他ならない。また、知人でもある イアン・ブラウンやトミー・ゲレロ、マニーマーク、琉球ディスコ、といった ミュージシャンのCD
ジャケットやツアーT-shirtもデザインしている。2007年12月には日本人アーティストMADSAKIの単独個展『ALL DAYI DREAM ABOUT SUNSEX』をプロデュース。ファッション以外の多くのメディアから注目を集め、その類い稀な才能をさらに広めた。


Tokyo’s most prominent designer creates standards and sets trends

Kazuki Kuraishi:

Born in Tokyo in 1975, Kazuki is the Adidas Creative Product Manager for Japan. Acclaimed as one of the most important designers to appear on the Japanese fashion scene, Kazuki Kuraishi is known for his simple yet eye-catching, and one of a kind creations. As Creative Product Manager, he is responsible for the design and promotion of the global products released in Japan by Adidas’ central office in Germany. One may find it difficult to categorize Kazuki’s diverse talents, since he is known for his designs under the moniker "Fragment Design", as well as being an in-demand freelance designer working on album covers for musicians and graphic art for apparel brands.He is responsible for Adidas' infamous products such as the SUPER APE STAR, SUPER STAR 35(NEIGHBORHOOD, Captain Tsubasa, and Okamoto Taro models), Tommy Guerrero's SUPER SKATE model, and the aZX (NEIGHBORHOOD model). The SUPER APE STAR, which caused a stir in the worldwide fashion scene, was created from a collaboration with leading fashion brand A BATHING APE, and was the sneaker that led Adidas to hire Kazuki. This legendary product was arguably the catalyst that caused Europe, U.S., and Asia to become obsessed with the Japanese street wear scene.Besides his work with Adidas, he also engages in design work, graphics, and collaboration projects for notable fashion brands such as Levis_ Fenom, NEIGHBORHOOD, RESONATE SL, iDiom, and whiz.Many of the products that Kazuki is involved with vanish instantly from stores, and regardless of brand allegiance, his fans buy up his creations once they find out that he has designed it. The reason for his popularity as a designer is because of his minimalist and basic designs that transcend time, and the close attention paid to silhouette, comfort, and materials. He has also designed cover artwork and tour T-shirts for his musical friends such as Ian Brown, Tommy Guerrero, Money Mark, RYUKYUDISKO.In December 2007, he expanded his creative talents by curating the solo exhibition "ALL DAY I DREAM ABOUT SUNSEX" for up and coming Japanese visual artist MADSAKI, which garnered attention not only from the fashion scene but mainstream media as well.


メッセージ
僕が新しく手がける「Originals by Originals」 kzk ラインというプロダクトには、今まで聴いてきた音楽、そして今も聴いている音楽から受けたインスピレーションが息づいています。
そんな僕が大好きなミュージシャンだけでCD が作れたらいいな、という希望が今回本当に実現しました。
「Originals by Originals 」kzk ラインという服に興味を持ってくれた人が聴いてくれる「One by One」、「One by One」を聴いた人が興味を持ってくれる「Originals by Originals」 kzk ライン、そんな風に昔、僕が体験してきたファッションと音楽がリンクしたカルチャーを、このCD を聴いて、ジャケットを見て感じてもらえたら嬉しいです。
僕のお願いを聞き入れてくれて、協力してくれた素晴らしミュージシャンの方々、ジャケット用に作品を一緒に作ってくれた東さん、心から感謝しています。
そしてこのCD を聴いてくれた人達が何かを感じてくれたら最高です。

倉石一樹